【パソコン版へ】【モバイル版へ】|HOME|寝屋川市社会福祉協議会について|お問合せ|ブログ|

サイト内検索(Google)

寝屋川市社会福祉協議会とは 生活困窮者自立支援事業 寝屋川市社会福祉協議会の組織図 社協福祉協議会会員募集 実習生の受入れ 献血予定 社協職員募集

寝屋川市社会福祉協議会とは

  • 社会福祉協議会(社協)とは、住民によるたすけ合い活動の“仕組みづくり”を進める民間の福祉推進団体です!
  • 組織構成は? 地域の各種団体など<市政協力委員自治推進協議会(自治協)や民生委員・児童委員協議会(民協)、PTAなど地域の各種団体や福祉関係機関>で構成されています。
  • 「社会福祉法」で、地域福祉をすすめる中核的な民間組織として法的な位置づけがされています。

社会福祉法

社会福祉法(抜粋)

社会福祉協議会関係(市町村社会福祉協議会及び地区社会福祉協議会)第109条

  1. 市町村社会福祉協議会は、一又は同一都道府県内の2以上の市町村の区域内において次に掲げる事業を行うことにより地域福祉の推進を図ることを目的とする団体であつて、その区域内における社会福祉を目的とする事業を経営する者及び社会福祉に関する活動を行う者が参加し、かつ、指定都市にあつてはその区域内における地区社会福祉協議会の過半数及び社会福祉事業又は更生保護事業を経営する者の過半数が、指定都市以外の市及び町村にあつてはその区域内における社会福祉事業又は更生保護事業を経営する者の過半数が参加するものとする。
    (1)社会福祉を目的とする事業の企画及び実施
    (2)社会福祉に関する活動への住民の参加のための援助
    (3)社会福祉を目的とする事業に関する調査、普及、宣伝、連絡、調整及び助成
    (4)前3号に掲げる事業のほか、社会福祉を目的とする事業の健全な発達を図るために必要な事業
  2. 地区社会福祉協議会は、1又は2以上の区(地方自治法第252条の20に規定する区をいう。)の区域内において前項各号に掲げる事業を行うことにより地域福祉の推進を図ることを目的とする団体であつて、その区域内における社会福祉を目的とする事業を経営する者及び社会福祉に関する活動を行う者が参加し、かつ、その区域内において社会福祉事業又は更生保護事業を経営する者の過半数が参加するものとする。
  3. 市町村社会福祉協議会のうち、指定都市の区域を単位とするものは、第1項各号に掲げる事業のほか、その区域内における地区社会福祉協議会の相互の連絡及び事業の調整の事業を行うものとする。
  4. 市町村社会福祉協議会及び地区社会福祉協議会は、広域的に事業を実施することにより効果的な運営が見込まれる場合には、その区域を越えて第1項各号に掲げる事業を実施することができる。
  5. 関係行政庁の職員は、市町村社会福祉協議会及び地区社会福祉協議会の役員となることができる。ただし、役員の総数の5分の1を超えてはならない。
  6. 市町村社会福祉協議会及び地区社会福祉協議会は、社会福祉を目的とする事業を経営する者又は社会福祉に関する活動を行う者から参加の申出があつたときは、正当な理由がなければ、これを拒んではならない。

生活困窮者自立支援事業

様々な事情で暮らしにお困りの方のための相談窓口です。

072-812-2040   (直通電話)
生活の困りごとや不安なことは、誰しもが抱えていることではありますが、なかには誰にも相談できないまま、不安がますます大きくなってしまう人がいます。経済的に困っている人には就労・自立に向けた支援を、地域社会の中で居場所を作るのが苦手と感じている人には、社会参加の機会の提供や人とのつながり作りの支援ができるような仕組みを、関係機関と連携しながら構築していきたい。これが私たち社会福祉協議会の目指している社会です。

支援の内容

自立相談支援事業 住居確保給付金事業 就労準備支援事業
  • 生活の困りごとの相談をお受けします(相談支援員がご自宅に伺い、お話を聞くこともできます)。
  • 相談支援員等が寄り添いじっくりお話を伺い、具体的な解決策を一緒に考え、継続した支援を行います。
  • 離職などにより住まいを失った方、または、そのおそれのある方に、家賃相当額を期限付きで支給します。
  • 年齢、資産、収入等、一定の条件があります。
  • 支給決定は、市が行います。
  • 就労に向けた準備として支援プログラムに沿って、一定期間、社会体験の場や就労の場などを提供します。
  • 個人個人に合ったオーダーメイドの支援をしていきます。

相談から支援までの流れ

072-812-2040(直通電話) 電話又は来所による相談。
ステップ1 ●不安や心配ごとをあなたと一緒に整理します。
ステップ2 ●支援計画をあなたと一緒に作成します。
ステップ3 ●関係機関と連携して支援することもあります。
ステップ4 ●自立できるように継続的に支援をします。

寝屋川市社会福祉協議会の組織図


社協組織図 PDFへ

社協福祉協議会会員募集

思いやりからはじまる24万人のしあわせづくり

平成27年度寝屋川市社会福祉協議会の会員を募集 しております。くわしくは、お問合せください。
社会福祉協議会は、「社会福祉法」に基づく住民が主体となって地域福祉の推進をめざす公共性と自主性をもつ住民による福祉団体です。そのため、市民のみなさんの理解とご協力また、会費をいただくことで、住民本意の立場で活動に取り組んでいます。

会員区分 会費額 会員区分 会費額
一般会員 500円 特別会員 1,000円
賛助会員 2,000円 特別会員 3,000円
名誉会員 5,000円 特別名誉会員 10,000円

500円未満は、協力費として受付させていただきます。  

社会福祉協議会会員募集の説明

社協会員募集のお礼と報告

たくさんのご協力ありがとうございます。

実習生の受入れ

社会福祉士や社会福祉専門職を目指す人のお役に立ちたいと、実習生の受入れを行っています。
社会福祉協議会の事業活動全般(校区福祉委員会活動の現場や各種サロン活動、相談活動など)や地域包括支援センターで実習を行います。
■対 象:寝屋川市在住、在勤の方。または、関わりのある方
■期 間:4月〜翌年3月 
*8月除く(地域の活動などお休みになることが多く、社協らしい地域福祉活動を実習いただくことができないため)
■受 付:随時 *次年度の実習受付については、3月ごろお問合せください
■その他:業務の都合上、上記の期間でも受入れが出来ない場合があります

受入れ実績(予定含む)

■社会福祉士実習受入れ:3人(各24日間)

献血について

平成29年度献血予定 日程表 

地域献血です。  
曜日 実施主体 実施予定場所
5 16 寝屋川ライオンズ 京阪寝屋川市駅東口前
18 寝屋川中央ライオンズ アルプラザ香里園(※)
6 2 東コミセンエリア イズミヤ東寝屋川店駐車場
3 歯科医師会 市立総合センター
  26 月   西北コミセンエリア  アルプラザ香里園(※)
8 2 血液センター 寝屋川市役所
  29  火  南コミセンエリア  イオンモール四條畷(※) 
9 15 西南コミセンエリア エスポアール(※)
19 東北コミセンエリア 成田山不動尊駐車場(※)
10 27 南コミセンエリア コーナン寝屋川昭栄店
11 10 東コミセンエリア 京阪寝屋川市駅東口前
17 西コミセンエリア 市立総合センター(※)
12 18 西北コミセンエリア アルプラザ香里園(※)
血液センター 寝屋川市役所
2 13 西南コミセンエリア 和光小学校
3 2 西コミセンエリア 市立総合センター(※)
20 東北コミセンエリア ビバモール寝屋川

○献血受付時間
月〜金曜日:10時から12時までと13時から16時30分
 土・日曜日:10時から12時までと13時から15時30分
※イオンモール四條畷での献血は10時から11時30分までと12時30分から16時30分
※エスポアール・成田山不動尊は10時から12時30分までと13時30分から16時30分 
※西コミセンエリアの地域献血は10時から13時までと14時から16時30分
※アルプラザ香里園での献血は10時から16時30分まで

※日程等につきましては変更がある場合があります。ご了承ください。

献血について

69歳まで献血できるようになりました。
ただし、60歳から64歳まで献血経験のある方に限ります。
献血条件
200ml献血 年齢 16歳〜69歳
400ml献血 年齢 男性17歳〜69歳 女性 18歳〜69歳
血しょう成分献血 年齢男性18歳〜69歳 女性18歳〜54歳
(※)65歳以上の献血は、60歳から64歳までに献血経験のある方に限ります。
体重 男性45kg以上 女性40kg以上(200m・血しょう成分献血)
男女とも50kg(400ml献血)
年間
総献血量 200ml、400ml合わせて、
男性1200ml、女性800ml以内
その他 現代及び過去6ヶ月以内に妊娠していない方など

献血のご案内

当日と翌日の献血場所は、フリーダイヤル0120−524−133でもご案内しています。(大阪府下、寝屋川市も含む)

※日程等については変更がある場合があります。
※献血に興味のある方必見 http://www.kenketsu.com/lets/

献血記念品について

寝屋川市社会福祉協議会(寝屋川市献血推進協議会)では、平成17年7月より、献血記念品の一部を寝屋川市内の障害者作業所で作っています「自主製品」を採用しています。 記念品として「自主製品」を活用することで、働く障害のある人達を応援します。

献血記念品の採用の経過について

平成17年2月に市内の障害者作業所に「献血記念品」として自主製品の採用が可能かどうかのアンケートを実施したところ、6つの作業所から回答をいただきました。
平成17年3月に策定しました。寝屋川ふくし発見プラン(寝屋川市地域福祉活動計画)の実施項目でもあります。「福祉のまちづくり広場」として、6つの作業所の職員の方に集まっていただき、自主製品を献血記念品として活用していくための話し合いをしました。
この「広場」では、献血記念品についてだけでなく、社協と作業所との協働による障害のある方の理解に向けてのpr方法などについても話し合いを行いました。

☆次の作業所の自主製品を採用しています。

すばる・北斗作業所
つばさ作業所
ワークセンター小路

献血のお問合わせ先

 献血のことなら
赤十字血液センター    (大阪府)
献血場所問合わせ:フリーダイヤル0120−524−133でご案内しています。(大阪府下、寝屋川市も含む)

社協職員募集

嘱託職員募集のお知らせ

平成29年度 社会福祉協議会 嘱託職員の募集について

嘱託職員(募集期間:平成29年5月31日まで)
嘱託職員募集要項(地域包括支援センター・社会福祉士)
※小論文はこちら
ボランティア通信 虹 お問合せフォームへ QR
ページのトップへ戻る